FC2ブログ
09 << 2019/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-07-03 (Tue)
今日は久しぶりにお休みです。
平日に時間があると
外出しなくちゃ!と何だか張り切ってしまいますが、
雨の予報もあって、
結局、ダラダラと家で過ごすことにしました。

時間に余裕がある時には
やっぱり、大好きなお昼寝をします。

子育てしながら、通信教育で大学を卒業しましたが、
その頃からずっと4時半頃起床です。
まだ薄暗いのですが、レポートや卒論など
コマ切れの時間をつなぎ合わせて
何とか卒業することができました。

今でもその習慣が残っていて、
レポートは書きませんが、
朝のメールチェックや
ネットでの情報収集の時間に
あてています。

早起きだから、いつもは午後の会議で
眠くなってしまうけど
(眠くなるような会議のあり方は疑問ですが・・・)
今日は午後から、誰に気兼ねすることなく、お昼寝。

正夢?!とも思える
夢まで見ちゃったりして。

ちょうど降り始めた雨音が
日常の喧噪を消してくれます。
まるで、それは、子守歌のように、爆睡してしまいました。

こんな日があってもいいな。たまには・・・。

おっと、もう、こんな時間!?

さて、夕飯の準備しなくちゃ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
* Category : 聴覚
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-12 (Sat)
ゴールデンウィークに80円で借りてきたDVD、
「英国王のスピーチ」を遅ればせながら昨日見ました。

スピーチは人の心を動かすもの、
また、そういうスピーチをしたいものです。

私の経験上、一番、記憶に残るスピーチ。
それは、部下の結婚式のスピーチでした。

部下は男性だったので、主賓でスピーチをして欲しいとのこと。
年齢的にも比較的若く、しかも女性の上司では
役不足だから・・・と一度はご遠慮したのですが、
どうしても!ということでしたので、
僭越ですが、お受けしました。

当日はとても緊張しました。
メモを見て話すのは誠意が伝わらないようで
話す内容を覚えていきましたが、
まるで学芸会でのセリフ覚えのように
直前まで、復唱していました。

あせらず、ゆっくり、はっきり話すことを
常に意識して、語りかけます。
スポットライトの明るさと対照的な
暗い会場を見渡すと
みなさんが耳を澄まして聞いているのがよくわかります。

ここは笑いを取りたい!と思うところでも反応があり、
気持ちが伝わっていることの手ごたえを感じました。

自分の苦手なところは
冒頭、しくじると気持ちが萎えることと、
手持ち時間がおすと、あせってしまい、最後にしぼんでしまうところ。

癖がわかっているので、
最初と最後はきちんと覚えておきました。

スピーチ後に新郎のご両親から
「とても素晴らしいスピーチでした。ありがとうございます。」とお声がけいただき、
ホッとしたことを覚えています。

何より、皆様へお祝いの気持ちと
新郎である部下の素晴らしい人柄が伝わって良かった…。と思います。

新郎である部下とは部所は変わりましたが
今も連絡を取り合っています。
困った時には連絡をするように話をしてありますし、
聞きたいことはこちらからも遠慮なく尋ねます。

上司と言えば親も同然?!(笑)

これからも、新郎新婦の末永いお幸せをお祈りするとともに
部下の成長を見守っていきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村
* Category : 聴覚
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-04-21 (Sat)
疲れている時、笑う元気もない。
そんな時にも一瞬で気分が変わることがあります。

先日、めずらしく、誰よりも早く帰宅しました。
電気のついていない部屋に帰るのは久しぶりです。

すぐに明かりをつけようと思ったのですが、
仕事帰りに食材の買いだめをして
両手たくさんの荷物を抱えていたので、
とりあえずリビングへ直行しました。

荷物をおろすと疲れがどっと出て
うす暗い部屋が妙に落ち着くなあーと思っていたところに、

「ただいらま~。」 
(「ただいま」の意味です。)」とJKが帰宅。

JK「どしたの。暗い部屋で。」
母「性格が暗いから、部屋も暗いのよ。」
JK「あっ。(間)そうくる?ホントだね~。母、性格暗いから)^o^(」

そんなやりとりで気分が変わり
電気をつけ
疲れも忘れて
夕飯の支度にとりかかりました。

ギャグとはいいがたい
言葉遊びのダジャレでも気分が変わるのですね

一瞬で場の雰囲気を変えるためのツール。

オヤジギャグならぬ
オバサンダジャレに磨きをかけなくちゃ!

あっ。はずした時の愛想笑いも一緒にね!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

ああ、思い出した!
こんなこともあったっけ。
「泣け!」
2011.9.23 読んでね!



* Category : 聴覚
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-11-26 (Sat)
秋も深まり、寒さ厳しくなる前に
お散歩クラブで等々力渓谷に行ってみました。

等々力駅から徒歩5分。すぐに渓谷の入口があり、気軽に出かけられます。

渓谷を多摩川に向かって歩いていくと、不動の滝があります。

その昔、不動の滝の音が辺り一面に響きわたり、
轟いた(とどろいた)ことから
等々力と名づけられたそうです。
その名の通り、今でも樹木に囲まれた涼しげな空間は静寂に包まれており、
まさに都会のオアシスといった感じです。

滝の上部には等々力不動尊があります。
たくさんありすぎる欲張りなお願い事もかなえてくれるかも?!と思いながらしっかりお参りしてきました。

不動尊を過ぎ、区立等々力渓谷公園があります。

この公園には日本庭園と芝生広場があって、
みなさん、散策の途中で休憩しています。

芝生広場には幼児を連れた家族連れやワインを片手にゆっくり昼食をとっているカップル。

私達の隣には年配のウォーキンググループが休んでいました。

男女5~6名ぐらいでしょうか。
それぞれ、男性と女性、別々に休んでいましたが、
しばらくして、男性の一人が箱入りアーモンドチョコを持って女性グループに寄って行きました。

すると、おばさまの一人が
「あ~ら、気が利くじゃない~。                                  ありがと!これで、もうちょっと歩けるわ!アハハ~。」                    
昔、響くは滝の音
現在、轟くはおばさまの声・・・。って感じでしょうか。

何より、その豪快なおばさまの胃袋をつかんだ
おじさまの恥ずかしくて赤く染まった頬が印象的でした。

渓谷の
紅葉(もみじ)に負けじ
頬染めて
友の笑顔に
高揚戻る

いくつになっても
ドキドキわくわくすることは
若さの秘訣?!

* Category : 聴覚
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-11-20 (Sun)
72歳になる母の話。

先日、とても仲の良かったご近所のご夫婦が
ご主人の実家のある九州に急に引越しされることになりました。

その奥様と母とは歳も同じくらい。
最近は毎朝、公園で行われているラジオ体操に一緒に行ったりして
とても楽しそうでした。

急な話で、とても残念がり、
母はせめてお餞別にと
最近、(これまた近所に)できた和菓子屋で羊羹を買ってご挨拶にいったそうです。

○○さん、とても喜んでくれた・・・と嬉しそうに話をしてくれました。

しばらくして、奥様からお手紙とともに、大分産「どんこ椎茸」が届きました。
お手紙の内容はこちらにいる時のお礼とお元気でね・・・といったこと。(だったと思います。)

母は早速、お礼の手紙を書こうと思っていると言い、
時間をかけて下書きをしたものを私に読み聞かせてくれました。

すべては覚えていませんが、印象的だったことは

「○○さんは三人の男のお子様に恵まれて、私はうらやましかったです。」

ああ、そうだったのね。
我が家は三姉妹だから息子がいません。
母には男の子を育ててみたかったとの思いがあったのね。。。

ずっと胸に抱えている思いっていくつになっても変わらないのだなあー。

お母さんへ
残念ながらムスコはいませんが、
ムコは三人いますので、
がっかりしないでね!

今度、実家に寄る時は
母の好物のプリンを持っていきますから。

長女より
* Category : 聴覚
* Comment : (0) * Trackback : (0) |