FC2ブログ
05 << 2012/06 >> 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2012-06-14 (Thu)
他人にしてみれば、大したことないけれど、
自分としては、人より気になることがある。
たとえば、JKの場合は
「こうだろう!」と、決めつけられるのがイヤならしい。

「私の何がわかっているの!決めつけないで!」。
そして、そのことで、彼氏と喧嘩したらしい。

JKは4月に高校2年生になり彼氏と同じクラスになりました。
その彼氏がJKを見ていて
「1年生の時より、いつもより、テンションが低い。それは、クラスになじめないで、浮いているからだ。」
と、心配して電話をしてきたらしい。
それをJKは
「浮いているんじゃない!私はいつも通りだ!決めつけないで!」と彼の心配をよそにイカっています。

そういえば、新学年になってから
食欲はないし、
イツメンとも離ればなれだし、
彼氏の言っていることも、まんざらではないと思います。

しかし、JKにとっては、決めつけられたことが気に入らない。

まあ、率直な意見を言いあう仲というのは
なかなかないので、それはそれで、いいのかもしれません。)^o^(

JKのことはさておき、人には「これを言われたら気に障るツボ」というのが存在すると思います。

私の場合は
「キミは何もやっていない!」・・・と言われると通常の三倍、腹が立ちます。

私の取り柄はとりあえずやってみることです。
だから、何もしていないなんて言わせない。

やっていないことと、成果を出していないことは違います。
それなのに、成果を出していないから、努力していないと、平気で言う人がいますが、
それは私にとって一番、気に障るツボです。

成果というのは、
時のタイミングを含めた
その時の状況というのがあります。

どんなに努力をしていても
なかなか、かなえられないことも、
現実にはあるのです。

成果が出せる時って
上司との相性も含めて
かなり運の良いことだと思っているのに、
そこにきて、何もやってない!と過程を責められるのはおかしい。

一生懸命やっているのに、
おかしいことで責められる・・・。
そう思っているから腹が立つのです。

さて、そのツボにはまった時、
みなさんならどうしますか?

私は最近、ツボを押すことを学びました。

ああ、またいってらー!
と、自分の怒りに気づくこと。
そして、「しゃーないじゃん~」と開き直ること。

そうすれば、腹も立ちません。

ツボは刺激するに限る!です。

こりゃ、刺激しているというよりは、
受け流している感じかな?

翌日。
母「JKよ。それで、彼氏とは仲直りしたの?」
JK「うん。あたし、いつまでも気にしないもん。」
母「そ。それが正解じゃね。」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村







スポンサーサイト



* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |