FC2ブログ
09 << 2011/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-10-30 (Sun)
JKが友達から来たメールの返信をしながらつぶやいています。
「○○って かまちょ なんだよねー。」

母「「かまちょ」って何?」

 「かまちょ」とはJK(女子高校生)が使うギャル語で
 「私のことをかまってちょーだい!との思いが強い子」のことだそうです。

たとえば、メールで返信がすぐに来ないとイライラを募らせたり、
返信が来るまで、何度もメールが送ってきたり。

そんな子「かまちょ」とのお付き合いも
時間のある時は、いいですが、
余裕のない時やあまりにしつこくて、距離をおいてしまう時もあるようです。

母 「へえー、なら、母も意外に 「かまちょ」 かね?」
JK「そうそう、母は立派な 「かまちょ」 だよ。
   私の帰宅時間がちょっと遅くなると何度もメールが入っているし。」
母 「母の場合は 「かまちょ」というより、心配性。
   あなたが早くメールの返信をすれば、しつこく連絡なんかしないよー。
   そろそろ、暗くなるのが早くなるし、
   ちゃんと、門限は守りなさいね!!」

でもよくよく考えてみると、
誰でも「かまちょ」な時があります。
無性に誰かと話をしたくなる時がありませんか?

そんな時、家族でも友人でも身近にいればいいですが、
残念ながらそれも叶わない時は
ネットを通じて誰でもいいから相手をして欲しいと思うのは、
当然かもしれません。

しかし、誰にも自分とは別の生活や人間関係があり、
都合良く、いつも、話相手をしてもらえるなんてことはないかもしれません。

相手の都合かまわずに「かまちょ」でいられるのは、
乳幼児の頃だけでしょうか?

母のおっぱいを飲んでいた
赤ちゃん「かまちょ」も成長し、
自立して、そのうち、母から離れていきます。
「かまちょ」が「かまちょ」でなくなります。

母 「で、明日はどこに出かける?やっぱり渋谷かね?」
JK「明日は友達と出かけるから、母とお出かけはできないよ。」
母 「ええー、なんでー!母、買い物に付き合って欲しいのにー。」
JK「母はやっぱり立派な「かまちょ」だね。(笑)あなたのダンナに付き合ってもらいなー。」
母 「しょぼん・・・。」


結論
「かまちょ」とはその人の性格を指すのではなく
相互に関わりを持ちたいと思う
人の心理状態を言う。

「かまちょ」になる時は誰にでもあります。
誰かが「かまちょ」な時はできるだけ付き合ってあげましょう。
(と、いうのは、自己都合がよすぎますかねえ?




スポンサーサイト



* Category : ものさし
* Comment : (0) * Trackback : (0) |