FC2ブログ
01 << 2020/02 >> 03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
個別記事の管理2017-01-19 (Thu)
なんとも、しばらくぶりです。やっと時間に余裕ができました。ぼちぼちはじめます(^^)
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-02-14 (Sun)

北野天満宮で買った御朱印帳は終わっで、今年から新たに伊勢神宮で購入した渋い柄のものに変更しました。
地味だけど、巾着で格好つけよ~(^^)
JDも御朱印ガールの仲間入りしたので
これから一緒にいろいろな所にお参りできたらいいな
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-06 (Sun)
下流社会第3章 オヤジ系女子の時代
三浦 展 光文社新書

を図書館で借りて読みました。


「本書でいう女子という言葉は男性的な趣味・関心をもつ女性。
年齢は20代から30代である。「風呂・メシ・寝る」で済ませたい女子は自分のために専業主婦が欲しい。
サラリーマン女子・・・。」

あら、いやだ。私のこと?

さらに、
「動きやすく、働きやすく、通勤地獄、夏の暑さに耐えられるゆるくてらくちんな服装をする女性が増える。
男性並みに働きながら女性らしくするのはストレスが大き過ぎるのであろう。」
とは筆者の意見。

あえていうなら、それは事実かも~。


実はサラリーマン女子の本当のところは
「そんなことより自分の時間」らしい。

三浦氏はさらに
「文科系女子は結婚・出産には消極的。

おそらく出産・育児期に自分の文化活動が阻害されることを恐れている。
個人の文化的上昇志向と結婚・出産が対立関係にあるところに現代の問題がある

働きたいから保育園を整備しろとは言えるが、美術館に行きたいから保育園を整備しろとはいいにくいからである。」と主張。

なるほど、ここにも多くの課題が・・・。
ああ、待機児童問題もこれらの潜在ニーズを思えば、早急な解決は困難かも~。

と思ったのでした。

で、私はというと。。。
すでに
オヤジ系女子を超えて
アラフィフになり
ばらんす系女子。(。ついているところも違うのよ~。)

ばらんす系女子。は
オヤジでもあり、かあちゃんでもあるのです。(笑)

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-06-14 (Thu)
他人にしてみれば、大したことないけれど、
自分としては、人より気になることがある。
たとえば、JKの場合は
「こうだろう!」と、決めつけられるのがイヤならしい。

「私の何がわかっているの!決めつけないで!」。
そして、そのことで、彼氏と喧嘩したらしい。

JKは4月に高校2年生になり彼氏と同じクラスになりました。
その彼氏がJKを見ていて
「1年生の時より、いつもより、テンションが低い。それは、クラスになじめないで、浮いているからだ。」
と、心配して電話をしてきたらしい。
それをJKは
「浮いているんじゃない!私はいつも通りだ!決めつけないで!」と彼の心配をよそにイカっています。

そういえば、新学年になってから
食欲はないし、
イツメンとも離ればなれだし、
彼氏の言っていることも、まんざらではないと思います。

しかし、JKにとっては、決めつけられたことが気に入らない。

まあ、率直な意見を言いあう仲というのは
なかなかないので、それはそれで、いいのかもしれません。)^o^(

JKのことはさておき、人には「これを言われたら気に障るツボ」というのが存在すると思います。

私の場合は
「キミは何もやっていない!」・・・と言われると通常の三倍、腹が立ちます。

私の取り柄はとりあえずやってみることです。
だから、何もしていないなんて言わせない。

やっていないことと、成果を出していないことは違います。
それなのに、成果を出していないから、努力していないと、平気で言う人がいますが、
それは私にとって一番、気に障るツボです。

成果というのは、
時のタイミングを含めた
その時の状況というのがあります。

どんなに努力をしていても
なかなか、かなえられないことも、
現実にはあるのです。

成果が出せる時って
上司との相性も含めて
かなり運の良いことだと思っているのに、
そこにきて、何もやってない!と過程を責められるのはおかしい。

一生懸命やっているのに、
おかしいことで責められる・・・。
そう思っているから腹が立つのです。

さて、そのツボにはまった時、
みなさんならどうしますか?

私は最近、ツボを押すことを学びました。

ああ、またいってらー!
と、自分の怒りに気づくこと。
そして、「しゃーないじゃん~」と開き直ること。

そうすれば、腹も立ちません。

ツボは刺激するに限る!です。

こりゃ、刺激しているというよりは、
受け流している感じかな?

翌日。
母「JKよ。それで、彼氏とは仲直りしたの?」
JK「うん。あたし、いつまでも気にしないもん。」
母「そ。それが正解じゃね。」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村







* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |